ベルギー北部でも暴走車

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 23日、ベルギー北部アントワープで暴走した車を調べる捜査員(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】ベルギー第2の都市、北部アントワープの繁華街で23日、速度を上げた車が人混みに突っ込もうとし、歩行者らがひかれそうになった。けが人などは伝えられていない。当局は軍兵士などの協力を得て、間もなくフランス国籍で同国に住む男(39)を拘束、背景を調べている。

 ベルギー検察の声明によると、車のトランクからライフル銃1丁と複数の刃物、さらに詳細不明の液体が入った容器が見つかった。男の名は「モハメド・R」としている。欧州メディアは、男は北アフリカ系と伝えた。

 前日の22日は32人が犠牲になったベルギー同時テロから1年だった。