傍受情報“注進”で謝罪

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米下院情報特別委員会のニューネス委員長(共和党)は23日、昨年の大統領選後にトランプ大統領の通話が傍受されていた可能性があるとの情報を、委員会に通知せずにホワイトハウスに伝えたことについて、委員会メンバーに謝罪した。

 議会関係者が明らかにした。ロシア政府による米大統領選干渉疑惑を巡り、トランプ氏周辺とロシア側が謀議したか否かについて連邦捜査局(FBI)の捜査が続く中、ニューネス氏の行動は、議会側で疑惑調査に当たる委員会トップの行動として中立性を欠くとの批判が強まっていた。