トランプ氏「私の直感は正しい」 盗聴主張で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 24日発売の米タイム誌の表紙(タイム誌提供・共同)

 【ニューヨーク共同】トランプ米大統領はタイム誌電子版が23日報じたインタビューで、オバマ前政権に盗聴されたなどとする数々の発言が客観的事実に基づかないと批判されていることについて「(私の)直感は正しい」と述べ、時間が経過すれば自分が正しかったことが証明されると反論した。

 24日発売の同誌最新号はこのインタビューを含め、根拠不明の発言を繰り返すトランプ氏の姿勢を特集で検証。表紙に大きな活字で「真実は死んだか?」と記した。

 前政権の大統領報道官だったアーネスト氏は、トランプ氏は不都合な報道から世論の関心をそらすため、あえて別のテーマで過激な発言をすると分析。