米首都ワシントンの桜が開花 寒波でつぼみダメージも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 23日、米首都ワシントンのポトマック川隣接の池タイダルベイスンで、桜を観賞する観光客ら(共同)

 【ワシントン共同】米首都ワシントンでは、春の訪れを告げる桜の開花時期を迎えた。晴天に恵まれた23日、桜の名所として知られるポトマック川隣接の池タイダルベイスンに多くの観光客が訪れた。今週末には人出のピークを迎える見込み。

 ただ、今月中旬に米東部を襲った寒波で多くのつぼみがダメージを受け、満開には程遠い状態。国立公園局も最終的に開花できる桜は半分程度と見込んでおり、例年より寂しい花見となりそうだ。

 25日には毎年恒例の「桜祭り」の開会式もワシントンで開かれ、映画「アナと雪の女王」の主題歌で有名な歌手のMay J.さんらアーティストが歌や演奏を披露する。