カブス上原は1回を1失点 川崎は4打数1安打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ダイヤモンドバックス戦の7回に登板し、1回を2安打1失点のカブス・上原=スコッツデール(共同)

 ▽ダイヤモンドバックス―カブス(23日・スコッツデール)

 カブスの上原は3―3の七回から3番手で登板し、1回を2安打1失点、2三振1四球だった。同僚の川崎は「9番・遊撃」で出場し、4打数1安打1得点だった。内容は空振り三振、左翼線二塁打、空振り三振、二ゴロで、八回の守備で交代した。チームは5―5で引き分けた。(共同)