駐日米大使にハガティ氏 親日派、トランプ大統領発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ウィリアム・ハガティ氏(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は23日、次期駐日大使に、親日派の実業家ウィリアム・ハガティ氏(57)を指名すると正式に発表した。政権移行チームで閣僚級人事などを担当し、大統領の信頼が厚いとされる。東京での駐在経験もあり、日本政府関係者は「日米関係強化につながる人事だ」と期待している。

 上院の承認手続きを経て、オバマ前政権2期目に大使を務めたキャロライン・ケネディ氏の後任として就任する見通し。米国の同盟国で主要な貿易相手国でもある日本との関係構築の要となる。