サムスン電子、株主に陳謝 朴前大統領親友への資金で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ソウル市内で開かれたサムスン電子の定時株主総会=24日(代表撮影・共同)

 【ソウル共同】韓国の電機大手、サムスン電子は24日、定時株主総会をソウル市江南区の社屋で開いた。サムスングループが朴槿恵前大統領の親友、崔順実被告側に贈った資金が賄賂と見なされて副会長の李在鎔被告が起訴されたことを念頭に、権五鉉副会長は「物議を醸し申し訳ない。経営活動や寄付に関し、透明性を確保する」と陳謝した。

 また、スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリー発火問題を受け、申宗均社長は「ノート7の経験を大きな教訓とする」と述べ、「品質最優先」の方針を改めて強調した。