東証、午前終値1万9275円 一時200円超上昇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 24日の東京株式市場は、円高ドル安に一服感が出たことを背景に日経平均株価(225種)は続伸した。一時200円超上昇し、1万9300円に迫った。

 午前終値は前日終値比189円87銭高の1万9275円18銭。東証株価指数(TOPIX)は15・32ポイント高の1545・73。

 取引開始直前に一時、円相場は1ドル=110円台後半の円高水準にあったが、111円台まで下落すると買い安心感が広がり、輸出関連を中心に幅広い銘柄が値上がりした。