セウォル号の一部切断成功 韓国、運搬船積み込みへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 引き揚げ作業で海面まで浮上したセウォル号(手前台船の中央)=24日、韓国南西部の珍島沖(代表撮影・共同)

 【珍島共同】2014年に韓国南西部、珍島沖で沈没した旅客船セウォル号の引き揚げで、韓国海洋水産省は24日朝、作業の支障になっていた車両積み込み用ゲートの切断に成功したと明らかにした。25日から潮流が速くなるため、同省はセウォル号を船体運搬用の船に24日深夜までに載せることを目指す。

 船体は左舷を下に横たわった状態で海底から引き揚げられた。ゲートが開いてぶら下がった状態となり、運搬船に載せられないと判断し23日夜から切断を始めた。作業完了へ向け大きな障害を取り除いたが、船体に大きな欠損が生じ、事故原因解明に影響が出そうだ。