昭恵夫人「記憶がない」とメール 百万円寄付、籠池氏妻に送信

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安倍昭恵首相夫人が、大阪市の学校法人「森友学園」の籠池泰典氏が主張する100万円の寄付に関し「記憶がない」として、16日に事実を確認するメールを籠池氏の妻に送信していたことが24日、分かった。籠池氏の妻からは返事はなかったという。昭恵夫人から入手した記録に基づき、自民党の西田昌司参院議員がやりとりを資料としてまとめた。

 昭恵夫人は2月28日、講演料の授受についても記憶がないとして「いただいていたのなら教えていただけますでしょうか」とのメールを籠池氏の妻に送信。籠池氏の妻は「あまりにひどい」と返信した。