「車上狙い促す捜査違法」と批判 男性無罪、鹿児島地裁支部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 鹿児島県伊佐市で無施錠の車の助手席から発泡酒を盗んだとして、窃盗罪に問われた男性(51)の判決で、鹿児島地裁加治木支部は24日、無罪を言い渡した。小畑和彦裁判官は、県警が現行犯逮捕のために無施錠の車を用意したと認定し、判決理由で「犯罪を促す違法な捜査」と批判した。求刑は懲役1年6月。

 判決によると、男性は昨年9月6日午前、伊佐市のスーパー敷地に駐車中の車の助手席に置いてあった発泡酒1箱(2500円相当)を盗んだとして現行犯逮捕された。

 小畑裁判官は「捜査として許される範囲を超えている。国家が犯罪を誘発し、捜査の公正を害するものとして違法だ」と述べた。