自民、昭恵夫人らの喚問拒否 民進要求に「必要ない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 安倍昭恵首相夫人、松井一郎大阪府知事

 民進党の山井和則国対委員長は24日、自民党の竹下亘国対委員長と国会内で会談し、森友学園への国有地払い下げ問題を巡り、安倍昭恵首相夫人、大阪府の松井一郎知事ら計8人の証人喚問を要求した。竹下氏は「呼ぶ必要性を感じない」と述べ、いずれも拒否した。山井氏が会談後、記者団に明らかにした。

 山井氏は「ゼロ回答だった。幕引きを図ろうという姿勢がありありでとんでもない。自民党や、安倍晋三首相の姿勢に強い怒りを感じる」と強調した。

 民進、共産、自由、社民の野党4党は24日午前の国対委員長会談で、8人の証人喚問を要求する方針で一致していた。