都、市場あり方戦略本部設置へ 築地と豊洲の課題整理

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する東京都の小池百合子知事=24日午後、東京都庁

 東京都の小池百合子知事は24日の定例記者会見で、築地市場(中央区)と豊洲市場(江東区)のそれぞれの課題を整理し、移転可否の判断に向けた総合的な検討を進める「市場のあり方戦略本部」を新たに庁内に設置すると発表した。

 トップには、都の担当部局「中央卸売市場」の市場長を務めた中西充副知事が就く。中央卸売市場だけではなく、政策企画局など主要局も加わり、将来的な市場の在り方を検討するほか、業界団体や消費者団体などへのヒアリングを実施する。

 小池知事は「情報を集めた上で、一つ一つプロセスを正しく踏んで、しかるべきときに総合的な判断を下していきたい」と述べた。