大阪府議会、百条委設置否決

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府議会は会期末の24日夜の本会議で、森友学園の小学校設置認可の審議過程を検証する調査特別委員会(百条委員会)設置を求めて自民党が出した動議を否決した。大阪維新の会や公明党などの反対多数。

 大阪維新を率いる松井一郎知事は「国の方に来てもらう形でやればいい」と設置に前向きな考えを示していたが、本会議に先立つ議会運営委員会理事会で、大阪維新と公明は、府議会の参考人招致を検証の場として活用すべきだとの意見を表明した。参考人から意見を聴取した上で、百条委の必要性を改めて検討すべきだとの考えも示した。