元十両の阿炎が幕下優勝 序ノ口は一山本が制す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大相撲春場所13日目の24日、幕下はただ一人6連勝だった元十両で22歳の阿炎(埼玉県出身、錣山部屋)が勝ち、7戦全勝として優勝した。

 三段目は玉金剛(茨城県出身、片男波部屋)が7戦全勝で制覇。序ノ口は新弟子検査受検の年齢制限を25歳未満に緩和した新規定の適用第1号となり、中大出身で23歳の一山本(北海道出身、二所ノ関部屋)が7戦全勝で制した。

 序二段は先場所の序ノ口を制した若山(千葉県出身、阿武松部屋)と常川(富山県出身、荒汐部屋)が7戦全勝で並び、千秋楽に優勝決定戦を行う。