翁長氏、辺野古反対集会に出席へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 講演する沖縄県の翁長雄志知事=24日午後、東京・東新橋の共同通信社

 沖縄県の翁長雄志知事は24日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する25日の現地集会に参加すると明言した。2014年の就任以来、辺野古での集会への出席は初めて。「あらゆる手段を講じて辺野古(移設)を止める第一歩になる」と述べた。東京都内で開かれた共同通信加盟社論説研究会で講演した。

 翁長氏は、辺野古阻止に向けた知事権限で3月末に期限となる「岩礁破砕許可」について、政府が再申請せず移設工事を続ける場合「(法廷闘争に向けた)いろいろな手続きをやらなければならない」と指摘。ほかの知事権限も含め「合法的に止める必要がある」と話した。