なでしこ、世界ランク6位に浮上 アジア勢トップ返り咲き

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 国際サッカー連盟(FIFA)は24日、女子の世界ランキングを発表し、日本代表「なでしこジャパン」は前回から一つ順位を上げて6位となり、8位に後退したオーストラリアを抑えてアジア勢トップに返り咲いた。米国は2015年7月以来守っていた首位から2位に転落し、ドイツがトップに立った。(共同)