アニメ「エレナ」テレ東系で開始 ラテン系プリンセスの物語

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「アバローのプリンセス エレナ」で主人公の声を担当する橋爪紋佳(右)と妹の声を演じる空見ゆき=東京都内

 ディズニー・チャンネル(BS、CSなど)で放送中の米人気アニメ「アバローのプリンセス エレナ」が4月2日からテレビ東京系でもスタート。主人公エレナの声を演じる声優の橋爪紋佳は「音楽も絵の色彩もストーリーも全て魅力的です!」とアピールした。

 同作品はディズニー初のラテン系プリンセス・エレナが立派な女王になるために奮闘する姿を描く。サンバなど多様なラテン系音楽が物語を彩る。

 幼い頃からディズニー作品が大好きという橋爪はエレナについて「勇敢で優しいけど、たまに失敗もする16歳の等身大の女の子。彼女の頑張りを見てもらいたい」と紹介。自身との共通点を聞かれると「後先考えずに突っ走るところかも。ギターを弾くエレナに影響されて、私も今ギターを練習中です」と言う。

 そんなエレナを支える家族の一人、発明好きの妹イザベル役の声優空見ゆきは「橋爪さんとはプライベートでも仲良くなって本当のお姉ちゃんみたい。運命を感じています」とニッコリ。地上波進出で「より多くの人に楽しんでもらえたら。今年のディズニーリゾートでのハロウィーンで『エレナ』のコスプレが増えるのが楽しみです」と話している。

 テレビ東京系で毎週日曜朝に放送。