女子IH、西武と道路建設が勝つ 全日本選手権第2日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 御影グレッズ戦の第3ピリオド、同点ゴールを決め喜ぶ道路建設ペリグリンの大沢=月寒体育館

 アイスホッケーの全日本女子選手権第2日は24日、札幌市月寒体育館で変則的なトーナメント形式の2回戦が行われ、昨年優勝の西武がダイシンを3―0で下した。道路建設ペリグリンは御影グレッズに競り勝った。

 25日の準決勝は西武と御影グレッズ、道路建設ペリグリンとダイシンが対戦する。

 西武は中村の2得点などで快勝。道路建設ペリグリンは大沢が第3ピリオド終盤に同点ゴールを決め延長、ゲームウイニングショット(GWS)の末に3―2で勝った。