核燃サイクルの工場合格へ 規制委、原燃の事故対策了承

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場

 原子力規制委員会は24日、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場とプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料加工工場(青森県六ケ所村)の審査会合を開き、重大事故に関する原燃の対策全般を了承した。公開の会合はこの日で終了の見通し。原燃は4月中旬にもこれまでの審査での指摘をふまえた補正書を提出し、新たな問題がなければ規制委が事実上の合格証に当たる審査書を取りまとめる。

 両工場のほか、原燃のウラン濃縮工場と高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターが主な審査を終えており、合格すれば核燃料サイクル施設として新規制基準下で初となる。