福島の農地に身元不明遺体 県警、捜査本部設置

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 24日午後2時10分ごろ、福島県西郷村真船の農地で、身元不明の遺体が埋まっているのを捜索中の警察官が見つけた。県警は死体遺棄事件として白河署に捜査本部を設置。男性の遺体が埋められているとの情報に基づき、17日から付近を捜索していた。殺人事件の可能性も視野に捜査を進める。

 捜査関係者によると、同県田村市の男性が数年前から行方不明になっている。県警は関連を調べるとともに、25日に司法解剖を行うなどして遺体の身元確認を急ぐ。

 県警の平野亨刑事部長は記者会見で「重大事件であり、組織的捜査が必要と判断した」と述べた。