公園で大量のカラス死ぬ 東京・練馬、毒物か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 24日午後3時25分ごろ、東京都練馬区と板橋区をまたぐ都立城北中央公園で、管理事務所の職員から「カラスが50羽程度死んでいる」と110番があった。警視庁練馬署によると、公園の路上や隣接する川の中など半径約20メートルの範囲で、大量のカラスが死んでいた。

 同署は毒物を食べて死んだ可能性もあるとみて調べている。

 練馬署によると、犬の散歩をしていた女性が午後3時ごろ、「パンを食べたカラスが死んでいくのを見た。犬が間違えて食べたら怖い」と管理事務所に届け出た。職員がポリ袋で死骸を回収、中には衰弱したカラスもいた。