ルペン氏、ロシア大統領と会談

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 24日、モスクワでの会談の際、握手するロシアのプーチン大統領(右)とフランスのルペン国民戦線(FN)党首(タス=共同)

 【モスクワ共同】フランス大統領選に出馬する極右、国民戦線(FN)のルペン党首は24日、モスクワを訪問し、クレムリン(大統領府)でロシアのプーチン大統領と会談した。ロイター通信によると、ルペン氏は会談後、大統領に選出されたらウクライナ危機に伴う欧州連合(EU)の対ロ制裁解除に向けて動くと表明した。

 ルペン氏は野党党首の立場ながらプーチン氏とのパイプがあると誇示したい思惑がある。プーチン氏は、フランス大統領選の有力候補の一人で反EUを掲げるルペン氏と会うことで、欧米を揺さぶりたい考えだ。