日豪閣僚協議、来月20日軸 米政権含む安保協力へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日豪両政府は4月20日を軸に外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を東京で開催する調整に入った。北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の東・南シナ海での海洋進出など厳しい安全保障環境を踏まえ、アジア太平洋地域の平和と安定に向けてトランプ米政権を含む3カ国の協力強化を確認する見通しだ。日本政府関係者が24日、明らかにした。

 日本政府は4月下旬からの大型連休中に米国との2プラス2も実現する方向。「準同盟国」と位置付けるオーストラリアと安全保障面で共同歩調を確認し、米国との連携につなげたい考えだ。