ジャンプ葛西は4位、伊東11位

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 2回目に235・5メートルを飛んでガッツポーズする葛西紀明=プラニツァ(共同)

 【プラニツァ(スロベニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は24日、スロベニアのプラニツァでフライングヒルによる個人第25戦(ヒルサイズ=HS225メートル)が行われ、第24戦で2位となってW杯最年長表彰台記録を更新した44歳の葛西紀明(土屋ホーム)は221メートル、235・5メートルの合計453・3点で4位だった。

 伊東大貴(雪印メグミルク)は11位、竹内択(北野建設)は27位で、2回目に進めなかった小林陵侑(土屋ホーム)は34位。