NY円、111円前半

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=111円前半で取引された。トランプ米政権が重視してきた医療保険制度改革(オバマケア)の代替法案が撤回され、次はいよいよ大規模減税に向けた動きが本格化するとの思惑からドル買いが先行した。

 午後5時現在は前日比43銭円安ドル高の1ドル=111円33~43銭。ユーロは1ユーロ=1・0793~0803ドル、120円18~28銭だった。