ギュレン師のトルコ移送協議か フリン氏が大統領選中に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は24日、フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が大統領選中の昨年9月、ニューヨークでトルコ政府高官と会談し、在米のイスラム指導者ギュレン師を通常の強制送還手続きの枠外でトルコに移送する計画を協議していたと報じた。こうした移送は違法の可能性がある。

 トルコのエルドアン政権は、ギュレン氏が昨年トルコで起きたクーデター未遂の首謀者だとして米政府にトルコへの送還を求めている。大統領選でトランプ氏の上級顧問を務めたウルジー元中央情報局(CIA)長官が同紙に明らかにした。