宮里藍と野村が6打差18位 米女子ゴルフ第2日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第2ラウンド、12番でティーショットを放つ宮里藍。通算3アンダー=アビアラGC(共同)

 【カールズバッド(米カリフォルニア州)共同】米女子ゴルフの起亜クラシックは24日、カリフォルニア州カールズバッドのアビアラGC(パー72)で第2ラウンドが行われ、宮里藍と野村敏京は69と伸ばして通算3アンダー、141で18位に浮上した。

 畑岡奈紗は72で回り通算2アンダーで29位、71だった宮里美香はイーブンパーで49位となった。72の上原彩子は2オーバー、78と崩れた横峯さくらは7オーバーで予選落ちした。

 2015年大会の覇者クリスティ・カーが通算9アンダーで首位に立ち、1打差の2位にモ・マーティン(ともに米国)らが続いた。