沖縄県知事参加で辺野古反対集会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する集会で演説する沖縄県の翁長雄志知事=25日午前、沖縄県名護市

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する大規模な集会が25日、移設先に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート前で開かれた。翁長雄志知事が就任後、初めて参加し前知事が出した辺野古埋め立て承認に関し「あらゆる手法をもって撤回を力強く必ずやる」と撤回の意向を初めて明言した。

 参加者は主催者発表で約3500人。翁長氏は「今日を期して、沖縄の新しい闘いが始まる。新辺野古基地は絶対に造らせない」と訴えた。国が移設工事を着々と進める中、阻止に向け、反対する県民らと歩調を合わせ行動していく強い決意を示した。

 稲嶺進名護市長や県選出国会議員らも参加した。