両陛下、ウナギ養殖研究を視察 静岡で静養中

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 静岡県南伊豆町の増養殖研究所を訪問された天皇、皇后両陛下=25日午前(代表撮影)

 静岡県下田市の須崎御用邸で静養中の天皇、皇后両陛下は25日、同県南伊豆町にある国立研究開発法人水産研究・教育機構の増養殖研究所南伊豆庁舎を訪れ、ニホンウナギの養殖などの研究を視察された。

 育てるのが難しい稚魚(シラスウナギ)の大量生産に向けた技術開発に取り組む同研究所では、鹿児島県志布志市の研究施設で産卵、ふ化した仔魚を大型水槽で稚魚に育てている。

 魚類の研究者として知られる陛下は、水槽を前に説明を熱心に聴き、「そこ(仔魚の飼育)が一番難しい」と話していた。