全日本モーグル、堀島は2位 決勝で転倒、途中棄権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 女子デュアルモーグル決勝 エアを決める優勝した住吉輝紗良=たいらスキー場

 フリースタイルスキーの全日本選手権モーグル第1日は25日、富山県南砺市のたいらスキー場でデュアルモーグルが行われ、男子で世界選手権2冠の19歳、堀島行真(中京大)は決勝で敗れて2位だった。転倒してスキー板が外れ、途中棄権した。島川拓也(ばんけい)が優勝し、遠藤尚(忍建設)が3位決定戦で原大智(ジョックス)を下して3位となった。

 女子は17歳の住吉輝紗良(北海道・倶知安高)が制した。星野純子(リステル)が2位、冨高日向子(白馬ク)が3位だった。