DMV導入検討へJRに協力要請 不通続く日高線沿線7町

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 北海道新ひだか町で開かれたJR北海道と沿線地域の7町の協議会=25日午後

 高波被害で線路が寸断されて2年以上不通が続き、JR北海道がバス転換を提示した日高線鵡川―様似(116キロ)について、沿線地域の7町は25日、線路と道路の両方を走れるデュアル・モード・ビークル(DMV)導入による路線維持を検討するため、JR北海道に協力を要請した。

 北海道新ひだか町で開いたJR北海道との協議会で伝えた。

 7町は、DMVなら線路が寸断された場所は道路を走れるとして、検討に必要な情報や資料をJR北海道に要請。バス転換についても「最後の手段」と留保した上で、今後検討するとした。JR北海道は7町に協力する意向を示した。