春場所、負傷の稀勢は2敗目

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 立ち会いで鶴竜(右)とぶつかる稀勢の里=エディオンアリーナ大阪

 大相撲春場所14日目(25日・エディオンアリーナ大阪)13日目に左肩付近を負傷し、けがを押して出場した新横綱稀勢の里は横綱鶴竜に寄り切られ、2敗目を喫した。大関照ノ富士が関脇琴奨菊をはたき込んで1敗を守り、単独首位に立った。

 優勝争いは、11場所ぶり2度目の制覇を狙う照ノ富士と、2場所連続2度目の優勝を目指す稀勢の里に絞られ、両者は26日の千秋楽で対決する。

 琴奨菊は6敗目で、1場所での大関復帰を逃した。鶴竜は9勝目。横綱日馬富士は関脇玉鷲に寄り倒されて4敗目となった。玉鷲と小結御嶽海は勝ち越した。

 十両は大砂嵐、阿武咲ら6人が5敗でトップ。