新たに死んだカラス20羽、東京 病気の可能性も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東京都練馬区と板橋区にある都立城北中央公園で大量の死んだカラスが見つかった問題で、25日も新たに約20羽のカラスなどが死んでいるのが見つかったことが、警視庁練馬署への取材で分かった。

 練馬署は、24日午後から24時間態勢で周辺を警戒。これまで不審な人物の出入りや毒物などが与えられた形跡は確認していないため、病死の可能性もあるとみて、鳥の胃の内容物を鑑定するなどして原因を調べる。

 城北中央公園では24日午後、公園内や隣接する川など半径約20メートル内で約50羽の死んだカラスが見つかった。