レジオネラ感染で男性死亡、広島 入浴施設、38人が入院

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 広島県は25日、三原市の入浴施設「みはらし温泉」で日帰り入浴をした県内の50代男性がレジオネラ菌に感染し、肺炎や呼吸困難などの症状が出て死亡したと発表した。

 県によると、男性を含め日帰り入浴客の30~80代の男女40人がレジオネラ菌に感染し、発熱やせきなどの症状を訴えたことが18日以降に確認されており、うち38人が入院した。男性以外にも2人の症状が重いという。

 施設の浴槽からはレジオネラ菌が検出され、県は、入浴客から見つかった菌と遺伝子型が一致するかどうか調べ、感染経路の特定を進めている。