Bリーグ、栃木とA東京がPOへ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 栃木―仙台 シュートを放つ栃木・須田(11)=宇都宮市体育館(C)B.LEAGUE

 バスケットボール男子のBリーグは25日、宇都宮市体育館などで9試合が行われ、東地区首位の栃木は仙台を86―53で下して5連勝で37勝9敗、同2位のA東京も秋田に78―60で勝って6連勝で36勝10敗とし、ともに8チームで年間王座を争うプレーオフのチャンピオンシップ進出を確定した。これで川崎と合わせて3チームとなった。

 栃木は厳しい守備で主導権を握り、攻めても須田ら4人が2桁得点とバランスが良かった。

 西地区1位の三河は大阪を89―66で退けて5連勝、36勝10敗とした。