室生犀星らの書簡300通寄贈 日本近代文学館に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 室生犀星(日本近代文学館提供)

 東京・田端の「文士村」に住んだ詩人で作家の室生犀星(1889~1962年)らが懇意の医師に送った書簡約300通が、日本近代文学館(東京都目黒区)に寄贈されていたことが25日分かった。同館は「作家や芸術家らでにぎわった『田端文士村』の雰囲気を伝える貴重な資料だ」としている。

 空谷の俳号を持つ俳人、書家で田端の開業医、下島勲(1869~1947年、長野県出身)や家族が受け取った書簡を、遺族が2014年に同館に寄贈、うち内容や時期などが確定した217通の内容を同館が公表した。

 書簡の詳細は「日本近代文学館年誌 資料探索12」に掲載されている。