徳島の寺で本堂全焼 重文の仏像は無事

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 国指定重要文化財の木造薬師如来坐像(徳島県石井町提供)

 25日午後5時半ごろ、徳島県石井町石井の童学寺で「建物が燃えている」と住職とみられる男性から119番があった。石井署によると、木造平屋の本堂のほか、木造一部2階建ての庫裏や、二つの建物をつなぐ渡り廊下が全焼した。けが人はいなかった。

 県教育委員会などによると、童学寺には、国指定重要文化財の木造薬師如来坐像があるが、寺の関係者が持ち出して無事だった。