新銘柄は「富富富(ふふふ)」 来秋本格販売の富山米

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 富山県産米「富富富」の試食会で笑顔の(左から)石井隆一知事、女優の室井滋さん、女子レスリングの登坂絵莉さん=26日午前、東京都内のホテル

 富山県は26日、来年秋から本格販売を始める県産米の品種名を「富富富」と発表した。香りが良く、甘みが強いのが特長。東京都内のホテルで開いた試食会には、リオデジャネイロ五輪女子レスリングの金メダリストで県出身の登坂絵莉さんが参加し、メダルを片手に「富山の香りが感じられる。金メダル級のおいしさ」とアピールした。

 名称には、富山の水、大地、人が育てた「富山づくしの米」の意味が込められ、食べた後の幸せな気持ちを「ふふふ」という読み方で表現した。公募で集まった約9千の案から選んだ。