焼失の旧吉田茂邸、再建 神奈川・大磯町で記念式典

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 神奈川県大磯町のホテルで開かれた旧吉田茂邸の落成記念式典=26日

 吉田茂元首相が晩年まで過ごしたことで知られ、2009年の火災で焼失した「旧吉田茂邸」(神奈川県大磯町)がこのほど再建され、大磯町のホテルで26日、落成記念式典が開かれた。

 式典には吉田元首相の孫に当たる麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官、二階俊博自民党幹事長らが出席。麻生氏は「小学校から中学まで毎週末、日曜日に連れてこられて迷惑した」と冗談交じりにあいさつした。

 旧吉田茂邸は元首相の死後、西武鉄道が所有していたが、09年3月に火災で全焼。その後、県が買収し、町とともに事業費約5億4千万円をかけて焼失した本邸の再建を進めていた。