英国会テロ、単独犯か 逮捕の容疑者1人に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ロンドン共同】英国会議事堂テロで、ロンドン警視庁は25日、逮捕していた容疑者の1人を無関係として釈放したと明らかにした。22日の発生後11人を逮捕したが、次々に釈放し、残るは1人となった。射殺された実行犯ハリド・マスード容疑者(52)に共犯者がいたかが焦点だが、英紙サンデー・タイムズは「(計画段階からの)単独犯だ」との捜査関係者の見方を伝えた。

 ロンドン警視庁は23、24両日に中部バーミンガムと同マンチェスター、ロンドン東部で21~58歳の男女計11人を逮捕。マスード容疑者との間に指示、協力などの関係がある可能性を視野に取り調べを続けてきた。