福島の復興支援道10キロ開通 相馬玉野―相馬山上間

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本大震災の復興支援道路として整備が進む東北中央自動車道の相馬福島道路のうち、阿武隈東道路と呼ばれる相馬玉野インターチェンジ(IC)―相馬山上IC間約10キロが26日、開通した。福島県内で復興支援道路が開通するのは初めて。

 同日開かれた開通記念式典には、石井啓一国土交通相や福島県の内堀雅雄知事ら約350人が出席。石井国交相は「今後の復興、町づくりに大きく貢献することを期待する」とあいさつした。その後、テープカットとくす玉割りが行われ、同県相馬・双葉地区の伝統行事「相馬野馬追」の騎馬武者が先導して救急車やバスなどがパレードした。