羽生「やるべきことやる」 世界フィギュア開催地到着

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 フィギュアスケートの世界選手権のため、ヘルシンキの空港に到着した羽生結弦=26日(共同)

 【ヘルシンキ共同】来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠が懸かるフィギュアスケートの世界選手権(29日開幕)で3季ぶりの優勝を狙う男子の羽生結弦(ANA)が26日、開催地のヘルシンキに到着し「しっかりやるべきことをやってきた。またここでもやるべきことをやれたら」と意気込みを口にした。

 2月の四大陸選手権では合計300点の大台を超えながら2位と優勝に届かなかった2014年ソチ五輪王者。マスク姿で空港の到着出口に姿を現すと、待ち受けたファンから「頑張れー」との声も飛んだ。シーズン総決算の大一番へ、体調についても「ばっちりです」と力強く話した。