保育士不足「解消せず」7割 84自治体、4月の賃上げ後も 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 千葉県船橋市内の私立保育所でおやつを食べる子どもたち=2016年7月(名札に画像加工しています)

 政府が4月から始める保育士確保のための賃上げについて、待機児童が多い東京23区や政令市など84市区町の約7割が「人手不足は解消されない」と考えていることが27日、共同通信の調査で分かった。一律2%(月約6千円相当)アップに加え、中堅職員らに対する昇給制度(最大で月4万円増)も設けたが、他業種との賃金差が依然大きいからだ。

 認可保育所などに入れない待機児童は、昨年4月時点で全国に2万3千人超。安倍晋三首相は解消に向けた新計画を6月に策定すると表明したが、保育施設を拡充する一方で、必要な人員を確保できない恐れがある。