「てるみくらぶ」9万人に影響も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 破産手続き開始に関する記者会見で、顧客や債権者に迷惑を掛けたとして謝罪する旅行会社「てるみくらぶ」の山田千賀子社長=27日午前、国交省

 東京地裁は27日、格安旅行を手掛ける「てるみくらぶ」(東京)の破産手続きの開始を決定した。関連する旅行会社「自由自在」(東京)も27日に営業を停止した。代理人弁護士らによると、てるみくらぶ破産の影響は旅行契約者数で3万6千人、計99億円。実際に影響を受ける利用者数は約9万人に上り、旅行が中止に追い込まれる恐れがある。負債額は計150億円だという。

 代理人は、払い込んだ旅行代金の扱いについて業界団体との協議に入るが、弁済率は1%程度になると説明しており、過去の事例と比べ極めて低い水準になりそうだ。