雪崩で高校生ら8人心肺停止

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 雪崩があった「那須温泉ファミリースキー場」の27日午前11時すぎのライブカメラ画像(同スキー場のホームページより)

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」付近で、雪崩が起きたと110番があった。県警は、登山講習会に参加していて巻き込まれた、いずれも県立大田原高山岳部の男子生徒7人と顧問の男性教員1人が心肺停止になったと明らかにした。消防によると、このほか多数のけが人がいるという。

 県警や消防が状況の確認を急いでいる。

 県警などによると、講習会は県高等学校体育連盟が主催。大田原、那須清峰、矢板東、真岡女子、真岡、宇都宮の県立6校に私立矢板中央の計7校の1~2年生ら60人以上が参加し、午前7時半ごろから登山を始めた。