秀岳館3―2作新学院 秀岳館が逆転勝ち

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 ベスト8進出を決め喜ぶ秀岳館ナイン。右から4人目は2番手で登板した川端=甲子園

 秀岳館が逆転勝ち。1点を追う四回、山下の適時二塁打と田浦の適時三塁打で2点を挙げて、試合をひっくり返した。五回にも内野ゴロで1点を加えた。田浦―川端とつなぎ、1点差の九回にはピンチを招いたが、しのぎ切った。八、九回に好機をつくった作新学院は、あと一押しが足りなかった。大関は粘り強く投げ、持ち味を存分に発揮した。