海自機2機、初の貸与 比の警備能力向上狙い

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 海上自衛隊の練習機「TC90」の前で握手する若宮健嗣防衛副大臣(左から3人目)とフィリピンのロレンザーナ国防相=27日、サングレーポイント海軍基地(共同)

 【サングレーポイント共同】日本がフィリピン海軍に貸与する海上自衛隊の練習機「TC90」2機の引き渡し式典が27日、首都マニラ近郊のカビテ州サングレーポイント海軍基地で行われた。両政府は昨年2月、防衛装備品・技術移転に関する協定に署名しており、自衛隊機が他国に貸与されるのは初めて。

 中国が南シナ海の軍事拠点化を進める中、装備が老朽化しているフィリピン軍の警備能力向上を支援する狙いがある。貸与は南シナ海の領有権問題で中国と対立していたアキノ前政権時に合意したが、ドゥテルテ大統領は親中的な姿勢を取っており、中国けん制につながるかは不透明だ。