朴氏逮捕状、30日審査へ ソウル中央地裁、収賄容疑

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 22日、検察による取り調べを受けた後、ソウル中央地検を出る韓国の朴槿恵前大統領(聯合=共同)

 【ソウル共同】ソウル中央地裁は27日、韓国検察が収賄容疑などで請求した朴槿恵前大統領の逮捕状発付の是非について、30日午前10時半(日本時間同)から審査すると明らかにした。審査は31日未明に及ぶ可能性がある。地裁は朴氏に審査のため出頭を求める方針だが、朴氏が応じるかどうかは不明。

 朴氏が逮捕されれば、韓国大統領経験者としては1995年の盧泰愚氏、全斗煥氏に次ぎ3人目の逮捕者となる。

 検察や特別検察官のこれまでの捜査で、朴氏は親友の崔順実被告と共謀、韓国最大の企業グループ、サムスンから賄賂を受け取った疑いなど少なくとも13の容疑が持たれている。