森友、立ち入り踏まえ告発判断 大阪府教育長が意向示す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪府の向井正博教育長は27日の記者会見で、月内に実施する学校法人「森友学園」への立ち入り調査結果を踏まえ、学園が運営する幼稚園の補助金不正受給や小学校建設に関する契約書偽造の疑いで関係者を刑事告発するかどうか、最終判断する意向を示した。

 府によると、幼稚園は特別な支援が必要な「要支援児」の受け入れに伴う補助金を受給しているが、他の幼稚園より在籍割合が際立って高いと指摘されている。副園長が別の認可保育園の園長も務め、常勤配置で加算される補助金を不正に得た疑いも持たれている。